読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shioka-816’s diary

だいよんのせいしゅん

➀習慣は人を変えるのかという実験

 

本日は

➀習慣は人を変えるのかという実験

について書こうと思います。

 

結果を先に求めると、「几帳面に転身することはできるのか」

ということです。

 

私はここ1年で、自分がとんでもなくズボラであることに気が付きました。

ズボラといいますと、性格の一種のように聞こえがよいですが、

私の中では

 

・だらしがない

・自分と他人に無頓着

・詰めが甘い

・思いやりに欠ける

・ふたを開けると空っぽ

 

のように、とてもじゃないですが公言できないマイナスポイントであります。

「私ってズボラだから~★」

なんて口が滑っても言えません。

 

 

そこで、几帳面な人にあこがれを抱くようになります。

今まで過ごしてきた習慣や環境・思考によって積み重ねたものは、

なかなか変えるのは難しいでしょう。

 

しかし、私は変わりたいのです。

几帳面になって、時間や約束を守り、きれいな部屋に住んで、こぎれいな身だしなみをしたいのです!!

 

これは習慣を変えるしかありません。

習慣は人を変えると聞いたことがあります。

 

 

『心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる』

 

 

という格言があるように、人は変われるのです。

難しく、時間もかかりますが、変われます。

 

『20歳のころの自分と今の自分、変わっていますよね?』

 

※これは実験中のアルバイトの際、隣に座っていた自律神経失調症の方(自分で自己紹介してました。)が言っていた言葉で、私は「ハッ」としました。

 

 

また、このように改心するきっかけは、

大好きだった恋人とお別れすることになったことが大きいです。

 

自分の事を自分以上に思ってくれて、向き合ってくれる心の大きな、愛情の深い方でした。

 

私はこの方に出会えたことで、今までに感じたことのない安心と喜びを味わうことができました。

 

今まで、自分に対しても人に対しても、心底諦めていました。

幼いころからの葛藤の中で、人や物に期待することをやめていました。

もちろん、期待し、努力し、求めていた時期もありました。

 

悲しくなることに疲れてしまったのでしょう。

 

この思考回路は根強く、ガサツなうえに冷淡という人格をしっかりと形成していきました。

 

しかし、こんなにも温かく見守ってくれる人がいるんだと、

半分信じられないような出来事でした。

25歳でした。

 

自分にとって、こんなにもありがたく、尊敬できる人はもう一人といない。

と、出会ってすぐに思いました。

 

だから、彼にとっても唯一無二の存在に自分がなろう、と心の底から思っていました。

それはそれは、毎日幸せで、楽しい日々でした。

 

 

しかしお別れすることになりました。

 

原因は、お互いに相手のことを思う気持ちの余裕がなかったためです。

何かがこじれたときに、二人で解決するという力が二人にはありませんでした。

 

そこには、信頼関係が強く関係しています。

信頼関係はすぐにとってつけることはできません。

宣言したからといって、結びつくものではありません。

信頼してもらえるように、努力し、相手を信頼し、積み重ねていくものです。

 

私は、嘘つきでした。

ズルでした。

こそこそしていました。

求めていました。

 

彼はわかっていました。

優しい言葉をくれました。

応援してくれました。

教えてくれました。

 

 

私はそこに甘えていました。

すべて受け入れてくれると思い込んでいました。

 

「俺がこうであっても、君がそう思うのは違うよ。気持ちだよ。」

 

何度言われたことでしょう。

今までこれでやってきたのですから、頭ではわかっていても行動に移せません。

自分の大嫌いな部分を直視させられているようで、辛かったのを覚えています。

 

 

仕事でもたくさんの人と信頼関係を結んでいる彼は、悟ったのでしょう。

私との未来は描けなかったのだと思います。

私のあまりにも精神的に未熟な部分が、彼を苦しめていました。

 

 

「このままではいけない。」

 

 

やっと、この時が来ました。

持ち味とさえ錯覚していた自分の人格を、変えなければいけない日がやってきたのです。

このままだと、今後も大切な人を失うことになる。

 

自分が変わるしか方法はないのです。

 

 

 

さて、何から習慣づけていくかということですが、

挙げたらたくさんあります。

それについては次回箇条書きしていきます。

 

 

大切なのは、常にそうすること。

誰かが見てるから、とか今日はいいやという言い訳をしないこと。

自分の中でのルールをしっかりと守ること。

例外なく、自分の当たり前になるように続けること。

相手には求めないこと。

 

 

失恋から猛反省した私ですが、

決してマイナス思考なわけではありません。

どん底を食らって精神が病んでいるわけでもありません。

 

ダメだとわかっていたことを続けていたせいで大切な人を失い、

このままではいけないんだと痛感したところです。

 

 

隣りにいたら成長できる、変われる、と心の中で思っていましたが、

そうはいかないんですね。

 

やっぱり人を変えられないのと同じです。

自分も人には変えられないということです。

 

 

「お前は努力の人だ。」

 

彼が言ってくれたことを胸に、私は黙々と習慣を続けていきます。

 

 

 

以上