読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shioka-816’s diary

だいよんのせいしゅん

心が満たされること

 

 

この一年間、私の思考回路はなりたい方へ進んできたと思う。

 

後は何かを残すだけ。

 

実際に何かやってみないと、わからないことはいっぱいある。

 

何かをやり遂げた人にだけ得られるものは、素晴らしいことである。

 

やはり何かを残さなければ。

 

 

 

ちょうど一年前は、半年間休まずに労働すると決めたスタートの時でした。

 

やると決めて、やり続け、自分を信じるということはどういうことなのかー。

 

自分がどんな状態でも、やり遂げる強い意志とはどれほどの気持ちなのかー。

 

 

感じてみたいと思い、実行しました。

 

転職したその月に、休日はアルバイトを毎日やり続けました。

 

もう、やると決めたからにはほかに手段はありません。

 

遊びたいとか、休みたいとか、一度も思いませんでした。

 

ただただ、やり遂げたときに得られる『何か』のために、働き続けました。

 

 

その中で決めたルールもあります。

 

友人からの誘いは断らない。

予定は平日の夜にしてもらったり、

有休を活用したり。

 

派遣のアルバイトで、仕事が途切れないように、

即連絡・即返事を徹底したり、

社員さんに好かれるよう働いたり。

 

仕事柄、パンツにスニーカーという格好が多いのですが、

毎日ベルトをし、靴下もそれなりに選ぶこと。

靴は汚れたら必ずきれいにすること。

 

一生懸命やってみました。

 

 

その半年間の気持ちと時間を証明するために、

期間中に100万円貯めることにしました。

節約も今までにないほどやってみました。

どんどん目に見えていく過程が、とてもわくわくしたのを覚えています。

 

『誰にどれだけ褒められても、

これだけやった、と証明してくれるのは手元の大金だ。』

 

ということが「これか。」とわかったのも、実際に達成できた時でした。

 

金の亡者になりたくはないけど

シビアに、目的として。

 

ということも理解できました。

 

我ながら驚いたのは、

100万円の使い道を全く決めていなかったことです。

ピースボートにでも乗るかー。。と考えてもいましたが、

すぐに独り暮らしの物件探しと契約を進めました。

 

今回の引っ越しではインテリアや生活用品にもこだわりました。

好きなものに囲まれて自分が落ち着く空間で暮らせることは、

何か物を手に入れるよりも日々満たされると、実感できました。

 

そして人が集まってくつろいでくれるということは、やはりうれしいです。

 

心地よい場所を提供するということは、何かビジネスになるかもしれません。

例えば何もない、休憩所としても。

外観やインテリアの好みでふらっと立ち寄るカフェは、その延長線上かもしれません。

 

おいしいごはんと楽しいおしゃべり

それだけで心が満たされます。

 

その繰り返しが、いかに大事で、充実した毎日につながるかを、身をもって体験しました。

そんな日々を続けていきたいし、できるなら、誰かと共有していきたいです。

一日のうち、たった数時間しか一緒にいられなくても

それ以外の時間のそれぞれの話をしたり、

一緒にいる数時間をとても大事にしたり、

日によっては、特別な数時間にしたり。

 

居心地の良い空間のために、誰かを思って掃除したり布団を干したり

そんな時間が自分にとって心満たされる瞬間だったのを

今になって、ほっこりよみがえりました。

 

 

大切な人が健康で元気で笑ってくれていたらそれ以上の幸せはありません。

そのために自分のことをしっかりやって、相手を支えられる人でいたいと思います。

簡単なことではありません。

自分の心を自分で満たせるように、今は練習です。

 

 

そんな姿を人から「かわったね」と言われるようにもなりました。

少しずつ前進しているんだなあと思います。

 

 

やりたいことと作りたいものがいっぱいです。

世に出せるまであと少し。

楽しみです。